2009年03月26日

デュアルディスプレイになった

今日、液晶モニタが届いて会社の開発端末がデュアルディスプレイになりました。
ちょろっと申請するだけですぐ買って貰える今の会社素敵すぎる\(^o^)/

もっと早くここに来れば良かったと思えるくらい、今の会社は快適です。(あんまり同じ会社の人たちには伝わっていないようですが)
自社開発で机が広くて一人のプログラマに鯖構築から全部お任せで残業少ないってのは、前職と比べると幸せすぎる環境です。
posted by 膳 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年03月01日

2009年02月の残業時間数

2月の残業時間数、計7h25m

環境が良くなったので残業が苦にならない!
ふしぎ!!
posted by 膳 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 残業時間数メモ

GMarksの上限を突破する方法

元々GMarksは1000件超えた場合の処理も入っていて、1000件超えるとそれが表示されなくなるってのはただのindex上書きバグでした。
というわけで、
componentsns/IGMarksCom_google.js


337行目
com.GMS.bookmarkArray[i]=newbkmk;
 ↓
com.GMS.bookmarkArray[tIndex]=newbkmk;

358行目
com.getBookmarksFeed(action,sidebar,start+1000,num);
 ↓
com.getBookmarksFeed(action,sidebar,start+1000-1,num);

と書き換えればおk。
posted by 膳 at 12:07| Comment(5) | TrackBack(1) | JavaScript

2009年02月05日

2009年01月の残業時間数

1月の残業時間数、計8h

新しい会社に馴染むのに精一杯ですっかり更新忘れてました。
今のところまだプロジェクトがちゃんと始まってないので定時退社なので残業事情がよく分からないんですが、他のプログラマも残業1h程度で帰っているっぽいです。
というわけで目標20h以内……でできるかなぁ……。
posted by 膳 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 残業時間数メモ

2009年01月19日

GMarksの上限を超えた

家と会社でお気に入りを共有したいので、GoogleBookmarks+GMarksをブラウザのブックマーク機能代わりに使っているんですが、今日も色々追加していたところ、どうやら新規追加分がGMarksに表示されないという不具合に遭遇しました。
色々検索してみたら下記の仕様が原因っぽい……。

Google Bookmarksの出力方法の変更 (Kanasansoft Web Lab.)
Google検索で表示件数の変更と表示開始位置の変更は次のようにして行なう。例えば、101件目から50件表示する場合、URLに「&num =50&start=100」と追加する事で可能だ。では、Googleブックマークではどうだろうか。結論から言えば可能であった。ただ、制限がある。表示件数は下限が5件、上限が1000件であった。これ以下、またはこれ以上の件数を指定すると、この範囲内に丸め込まれてしまう。


自分のブックマーク数を集計してみたら1006件だったので間違いはなさそう。
最近どれもこれもガンガン追加しまくっていたので整理すれば対処できそうだけど、上限が1000程度だとそのうちまた超えそうで怖い。
posted by 膳 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(2) | 雑記

2008年12月30日

2008年12月の残業時間数

12月の残業時間数、計0.25h

一年平均で計算してみるとちょうど8.0hで残業時間でみると大したことないんですが、転職活動とか転職活動とか転職活動とかで忙しい一年でした。
posted by 膳 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 残業時間数メモ

2008年12月07日

2008年11月の残業時間数

11月の残業時間数、計2.5h

テスト漬けの日々で疲労が溜まりすぎ。おかしい。
posted by 膳 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 残業時間数メモ

2008年11月04日

prototype.jsのeachメソッドが強化されていた

暇を持て余していたのでprototype.jsのソースを読んでいたんですが、いつの間にかeachメソッド第二引数が増えてました。

ver1.5
each: function(iterator)
 ↓↓↓
ver1.6
each: function(iterator, context)

contextはiteratorのスコープとして使われるようなので、今まで

var self = this;
hoge.each(function(value, index) {
self.fuga(value);
});


みたいにわざわざ変数作ってthis参照保持していたのが

hoge.each(function(value, index) {
this.fuga(value);
}, this);


とスッキリ書ける。
1.6からこんな感じになってたのに全然気付かなかった\(^o^)/
posted by 膳 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

2008年10月の残業時間数

10月の残業時間数、計10.5h

暇を持て余し気味なのに残業はあった不思議。
posted by 膳 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 残業時間数メモ

2008年10月26日

イベント駆動なオブジェクトにする

本業がテストとドキュメント作成ばかりなので週末プログラミングがはかどります。
というわけで、コードをちょいちょいいじくっていたんですが、標題のライブラリが形になったので公開です。

ソース

色々試行錯誤した結果、

fladdict.net blog: イベント・ドリブンなJavaScriptのやり方
http://www.fladdict.net/blog-jp/archives/2005/06/javascript.php

上記サイトの丸パクリになりました。

特徴としては、
1.リスナー関数登録時に実行時のスコープを指定できる。
 (this参照先変わってめんどいから)
2.イベント名を配列で指定したら一斉登録できる。
 (successだろうがfailedだろうが同じリスナー関数呼んでよ!って時に便利)
3.オブジェクトの全メソッドに対して開始/終了イベントを自動付与できる。
 (メソッドの開始と終了時に勝手に呼ばれます)
4.イベントをオブジェクトのプロパティとして扱える。
 (文字列で指定するのはなんか嫌だって人向け)
W3C DOM3互換じゃないのが利点であり欠点。

詳しい解説は以下に(ソース内からの抜粋)
続きを読む
posted by 膳 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript