2009年05月16日

EventDispachable verうp

EventDispatchable.jsを地味にバージョンアップさせました。

イベントリスナー登録時にスコープだけじゃなくてもっと色んな値をバインドさせたいよぉぉぉぉという自分需要に応えて、第四引数に配列を指定することで、リスナー関数がその配列の要素を第二引数以後で受け取れるようになりました。

例)
//イベントリスナー
function listener(eventArgs, arg2, arg3) {
  alert(arg2);
  // "value2"
  alert(arg3);  // "value3"
}
//hogeイベントにリスナーを登録
target.addListener("hoge", listener, null, ["value2", "value3"]);

prototype.jsのbindAsEventListener、mootoolsのbindWithEventが内包された感じです。
posted by 膳 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29190603

この記事へのトラックバック