2008年04月13日

JavaScriptは俺の嫁

なんて言葉を全く見かけない。他の言語についても同様っぽい。
これはやはり、
「俺なんか全然お前のこと理解してやれてないよ」
という引け目のせいで、プロポーズする勇気が沸かないためではないだろうか。
自分にしても「結婚したい」という願望であって、それを現実にできるかは定かではない。
他の奴の方が○○言語を幸せにしてやれるんじゃないか、それが○○言語のためじゃないのかと毎夜悶々としているプログラマが数多くいるに違いない。


というわけで、
>> くわん
まぁ引かれると思う。俺も引く。
式には呼んでくれよな!

式は当分先になりそうです。
別の言語に浮気もしたいし。
posted by 膳 at 02:02| Comment(2) | TrackBack(0) | JavaScript
この記事へのコメント
> 引け目のせいで、プロポーズする勇気が沸かないためではないだろうか。

あるあ……ねーよw
今日も仕事でC言語と喧嘩してきた。
奴とは毎日顔を合わせるたびに喧嘩。きっと一生奴の事は理解できないんだろうな、と思う。
Posted by くわん at 2008年04月15日 21:02
IEでJavaScriptと喧嘩すると死にたくなるくらい辛い。
Firebugという仲人がいないと上手くやっていけない俺たちの関係なんてまだまだなんだろうな。
Posted by 膳 at 2008年04月19日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13943776

この記事へのトラックバック